野球とサッカーが好きな人間のブログ

野球とサッカーが好きな人間が好き勝手に喋ってます!順位予想とかもやってます!

個人的趣味

J1昇格を目指す新潟の『裏キーマン』 早川史哉選手

ここまで17試合を消化し、6勝8分3敗の勝ち点26、6位に位置するアルビレックス新潟。2位までに与えられる「J1昇格」を目指すという面ではまだ物足りなさも感じるところもあるが、アルベルト監督の目指すサッカーは着実にチームに浸透しつつある。 これからや…

オリックス・バファローズの打順改造案(第5編)

前回書いたものの続きです 前回まで書いたこのシリーズの記事はこちらのとおり kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com 5番 5番に…

オリックス・バファローズの打順改造案(第4編)

前回書いたものの続きです 前回まで書いたこのシリーズの記事はこちらのとおり kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com (ちなみに前回書いた記事の中で西浦颯大選手を入れ…

オリックス・バファローズの打順改造案(第3編)

前回書いたものの続きです 前回の記事はこちらのとおり kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com 外野手 ①西浦颯大選手(背番号00) 長所→俊足、外野守備力の高さ 短所→得点圏打率の低さ、「最低限」をこなせる確率…

オリックス・バファローズの打順改造案(第2編)

前回書いたものの続きです 前回の記事はこちらのとおり kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com (※ 8月20日、西村徳文前監督が事実上解任、中嶋聡二軍監督が一軍監督代行に就任。選手起用の方針も多少変わってくると思われるが、今回についてはあくまでも…

オリックス・バファローズの打順改造案(第1編)

「点が取れない」 オリックス・バファローズの弱点は明確にここだ。 8月16日時点でのチーム得点数はパ・リーグ6球団で唯一の100得点台と深刻。(179得点、5位の北海道日本ハムでも214得点なので、かなり異常な少なさ) 「そもそも個人として打てていない+塁…

中島元彦選手

現在、セレッソ大阪からアルビレックス新潟に育成型期限付移籍で移籍をしている中島元彦選手。 2018シーズン~2019シーズンにかけては、セレッソ大阪U-23に在籍していて、主戦場はJ3だったのだが、65試合16得点の成績を残していた。 ポジション的にはミッド…

アルビレックス新潟 名(迷)助っ人列伝 part4

前回の続きです。前回までのリンクは下のとおり kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com 今回がこのシリーズのラストです。 ・コルテース選手(DF 2015〜2016) 前年のキムジ…

アルビレックス新潟 名(迷)助っ人列伝 part3

前回の続きです。過去2回のリンクは下のとおり kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com ・ミシェウ選手(MF・FW 2010〜2012) 当時J2降格直後のジェフから獲得した細身のブラジル人選手。ブラジル人選手らしく、圧倒…

アルビレックス新潟 名(迷)助っ人列伝 part2

前回の続きです。前回のリンクは下のとおり kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com ・アンデルソンリマ選手(DF 2005) J1昇格2年目を迎えた新潟が補強の目玉として獲得した元ブラジル代表の右サイドバック。ただし、右サイドバックとしての能力よりもブラジ…

アルビレックス新潟 名(迷)助っ人列伝 part1

アルビレックス新潟がJリーグ加盟してから21年。その21年の中には数々の外国人選手が在籍してきた。ここでは活躍した選手を中心に書いていくことにする。 ・セルジオ選手(DF 1999〜2002) 初期の新潟を支えたディフェンスリーダー。長身を活かしたヘディング…

アルビレックス新潟 おとぎ話第一章完結から17年

前回記事リンク↓ kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com あの昇格決定の試合から17年。今、アルビレックス新潟はJ2の舞台にいる。 2004年のJ1参戦以降、幾多の苦難を乗り越えた。幾多の名勝負を繰り広げた。さまざまなスター選手を輩出し、日本代表戦士を…

個人的「アルビレックス新潟 印象に残るゲーム」を思う(その4)

今回がこのシリーズの最後。これまでの記事は以下のリンクのとおりです。 kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com ⑦ 2003年 J2第44節 アルビレックス新潟1-0大宮アルディー…

個人的「アルビレックス新潟 印象に残るゲーム」を思う(その3)

前々回、前回に続いて、アルビレックス新潟の印象的な試合を書いていく。(前々回、前回リンクは以下のとおりです。よかったらご覧ください。) kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com ⑤ 2008年 J1第34節 アルビレッ…

個人的「アルビレックス新潟 印象に残るゲーム」を思う(その2)

前回に続いて、アルビレックス新潟の印象的な試合を書いていく。 (前回リンクは以下のとおりです。よかったらご覧ください) kka2b-sportswokataritai.hatenablog.com ③ 2005年 J1第31節 ジュビロ磐田2-3アルビレックス新潟(ヤマハスタジアム) 背景 この試合…

個人的「アルビレックス新潟 印象に残るゲーム」を思う(その1)

前回、書いた記事(?)のとおり、今回は「個人的に」アルビレックス新潟の印象に残る試合について、自由気ままに書いていくことにする。 「自由気まま」なので、時系列も何もない。最近の試合を書いたと思ったら、急に15年くらい前の試合について書いたりも…

「告知」のようなもの

月曜から金曜まで仕事をして、土曜・日曜に野球やサッカーを思う存分観る。そして、観ながら、「喜び」・「悲しみ」・「悔しさや怒り」・「感動」を覚える。仕事場ではとても表せないような感情を思い切りを爆発させる。それが私のライフサイクルだった。 し…

アルビレックス新潟 2020年のファーストゴールを予想してみる

2月23日、ついに開幕するJ2リーグ。42試合という長く、厳しく、そしてエキサイティングなリーグ戦が幕を開ける。 アルビレックス新潟は敵地・正田醤油スタジアム群馬で「J3からの昇格組」・「地元開幕に加え大型補強で勢いのある」ザスパクサツ群馬との試合…

2020年のプロ野球界 注目の的となっているイーグルスとマリーンズ

2020年になり、プロ野球のキャンプインまで3週間を切りました。 このオフ、ドラフト会議、FA宣言、各球団の補強や大物選手の移籍などで盛り上がりを見せたプロ野球界。2020年シーズンももう少しで始まり、「野球の季節」到来が今から待ち遠しいです。 そん…

アルビレックス新潟 2019シーズンアワード!

J1・J2入れ替え戦も終わり、天皇杯も決勝戦を残すのみ。いよいよ本格的なオフシーズンになっていきます。 我らがアルビレックス新潟、2019シーズンの成績はというと 17勝14敗11分、勝点62 71得点52失点 10位 となり、目標のJ1昇格は果たせずに終わりました。…

若手の活躍がチームを強くする ベイスターズ編④

今回はベイスターズ期待の若手選手紹介、最後になります! ・伊藤 裕季也選手(23歳) 2018年ドラフト2巡目指名を受け、ベイスターズに入団したルーキーです。182センチ96キロという大きな体格が生み出す長打力が最大の武器です! この選手については日大三高…

若手の活躍がチームを強くする ベイスターズ編③

前回までの2回、投手陣にスポットを当ててきましたが、今回から2回ベイスターズ若手野手陣を取り上げます。捕手・内野手・外野手からそれぞれ選2人ずつ選びました。捕手山本選手・益子選手内野手大河選手・伊藤裕季也選手外野手細川選手・楠本選手大卒2年目…

若手の活躍がチームを強くする ベイスターズ編②

前回、上茶谷投手・京山投手・飯塚投手について書いていきました。今回は残り4人の投手について書いていきます。・阪口 皓亮投手(20歳)北海高校出身の2年目右腕。186センチの長身から投じられるストレート、カットボールなど本格派右腕としての素質の大きさ…

若手の活躍がチームを強くする ベイスターズ編①

最近、仕事が多忙で全然ブログを書いてきてませんでしたが、久々に更新しようと思いますさて、今シーズンのプロ野球は各球団で若手選手の躍動が目立ちます特に凄いのは東京ヤクルトの村上選手。19歳で早くもチームの4番に座る試合もあり、6月9日時点で48打点…

監督・選手批判の是非②

世の中にある采配批判というのは、結果論がほとんどです。しかし、ちゃんとしたものもあります。その起用にどのような意図があるか、その前にどのような伏線があったのかをしっかりと考え、その上で「なんでだ?」「これはおかしいのではないか?」と思った…

監督・選手批判の是非①

4月27日時点、横浜DeNAが9連敗しています。オリックスも借金5の最下位。そうなると出てくるのが「監督・選手批判」です。 ここ最近、SNS上では監督・選手批判が相次いでいます。 私自身はなるべく監督・選手批判はしないようにしています。(意図を考えても…

今年はオリックスが面白い

今年のオリックスのことをダラダラと話します。・攻撃ここまでのオープン戦を見ていると、盗塁企図が非常に多いです。オープン戦ということもあるでしょうが、今年のオリックス、積極的に脚を使う野球をコンセプトにしているのでしょうね。実は、去年から脚…